このサイトについて@SHADOW

皆さん初めましてSHADOWと申します。
実に16年ぶりに自分のサイトを作りました。
その間FC2で街撮りBLOGは、10年ほど前にやってましたけど今は放置。
昔は、ホームページビルダーでせかせかと作ってましたけど、今はWordPressなんて便利なものがあるんですね。まったく、いじってて解ってませんが(・・;)
今から勉強します。
このサイトでは、「私の動画の詳細」と「勇士が命懸けで撮影した動画の紹介」などを公開していこうと思っております。

他にも機材関係などのメモも書いていくかもしれません。

コメント欄にご意見・ご感想など頂きながら同じ趣味の方達と交流できれば幸いです。
ぜひお暇なときに足を運んでいただければと思います。
それでは、続く限り頑張らせていただきますのでよろしくお願いします。

管理人:SHADOW

管理人 SHADOWについて

※管理人の妄想ということで。。。

思えば思春期時代からパンチラが大好きでした。当時アクションカメラって雑誌をこっそり見てたな。中学生の時に手鏡(エチケブラシについてる小さくて細いやつ)で同級生のスカート内みたりスーパーでおねぇさんのスカート内見てたりしてました。
あの頃から、覗き系に一番興奮してました。

20代に入り初めて買ったパソコン。当時はパソコン通信でインターネットじゃなかったんですよね。Niftyの掲示板でやり取りしてました。
インターネットが始まり、通信がクソ遅い中(ISDN)ネット上のパンチラ画像を必死に収集してました。
そして、カメラはついにデジカメという神機材に進化し現われました。
初めて買ったのが、FUJIFILMの四角いやつ。フラッシュの光量をフィルムで落としてエスカレーターで突っ込んでました。
その頃だったかなPoWeRs!!という投稿系サイトで随分お世話になっておりました。自分もよく投稿しました。
PoWeRs!!で常連になったのち、はじめて動画を撮影したのが靴カメでした。
あの頃は、「CCDカメラ+電池ボックス+RGBケーブル+ハンディーカム+Lancリモコン」と大荷物でした。しかも録画ボタン押すとハンディーカムから結構な音するんですよね。一番困るのがうっかりテープの終わりに気が付かなかったとき、「ガチャッ ウィーン」みたいな音が結構エグかった。

PC63との出会いから本格的に逆さ始めたんですよね。
あのカメラは、本当に名機でした!この頃からPチラ動画見てる方は、きっと僕の動画(DVD)も見てますよ(笑)
この頃は、やりやすかったな~。あとプリクラ全盛期でした!中にジャングルジムが設置された機種とかあってプリ機の中は天国でした。

時代は流れDV時代からHD時代に突入するんです。
この頃からかな、センサーがCCD~CMOSへと移行しました。ここで、CMOSセンサーを積んだカメラの画がとにかく嫌いで一時引退。

引退後、一眼カメラでの写真の撮影に目覚めました。
初めて購入したのが、CANON40Dのレンズキット。あの連射音がたまらんかったです。そこから街撮り、イベント撮りに趣味が移行しました。
気が付いたらAPS-Cから始まりフルサイズ1D-Xまでボディが揃い、5Dシリーズを好んで使ってました。レンズ軍も赤、白レンズばかりで、しかも思わず勢いで勝ってしまったEF-400/F2.8の画質にこれは100万するわーいい買い物だったと完全にレンズ沼に陥ってました(・・;)ざっと400万以上使ったと思います。
ニコンも制覇しました(笑)

一眼でカメラを学んだおかげで、ISO,S,Aを初めて理解しました。
そしてここらで登場してきたのが4Kカメラです。GH-4とライカレンズで一眼動画撮りを始めました。夢の国とか(笑)

一眼レフが安価になり、一般の人達が所持し始めてから状況はかなり変わります。以前だと「カメラマンの人だ!写真撮ってください」→「変態がいる」とレンズを向けるだけで職〇質問。
もう駄目だ。パナシリーズを残しすべて売却しました。
このあたりから、周りに気が付かれないのがいいと思いだします。
4K、FHD動画でこれだけ綺麗な映像が撮れる時代なんだから。

そこから、機材漁りまくりです。まず買ったのがポリスシリーズ。研修生さんもGCOLLEの頃この機種だったんじゃないかな。
そこから、SONYアクションカムを購入。速攻で解体してコーンレンズに変更。
画は抜群によくなったけど熱に弱すぎ。
しかも配線がフィルム配線だから昔と違ってレンズ出すのが難しい。あれに半田付けとかマジ無理。
中華製が基盤の大きさ、フレキブルレンズなどは完璧なんですけど、センサーOV製、プラレンズ。マジ使えないただのごみ。水平撮りなんかだと使えるんですけどね。いいパーツを使った良品がありませんでした。ここでいつも頭をよぎるのはPC63でしたね。

結果SONYアクションカムで楽しんでたんですけど、中国のウェアラブルカメラに目がとまります。センサーはOV製なのですが、FHDの画質がアクションカムにそこそこ匹敵するんです。そのカメラの映像が「プリクラ天国1」のカバンに仕込んでいたカメラでした。熱にもアクションカムより強くできる限りの冷却処置で夏場でも活躍してくれました。
しかし、欲深いのが人間です。画質に不満が出てくるんですよね。
ここから、スマホの改造に着手していきます。AFついてるし逆光にも強いし遠隔操作もバッチリできる。これは完成させるしかない。
ちなみに、ここで結構な数のスマホが潰れます。

はい、ここで現在に到着です。
やはり撮るならSONYセンサー、完璧な画像処理エンジン、そこから生まれる4K60Pの高画質ヌルヌル映像。スマホ改造完了です。モニタリングも出来て遠隔も出来て今の時代最高ですね。PC63時代の荷物に比べるとすべてにおいて最高です。

ようやく満足のいく画が撮れる機材ができたので現在は、とても楽しんでます。
ただ、誰でも撮れる時代だからこそJK達の鉄壁の防御「スパッツ」が増えてるのも事実です。キュロットスカートも増えてきてます。最悪ですね(´・ω・`)